痛風は圧倒的に男性に多いが女性も注意が必要

痛風は圧倒的に男性に多いが女性も注意が必要

痛風は圧倒的に男性に多いが女性も注意が必要

男女で比較すると、痛風になる人は圧倒的に男性が多いです。
むしろ、女性は罹らない病気と言われていました。
これには理由があり、痛風の原因の高尿酸値になりやすいのが男性だからです。
血液中の尿酸値が高くなり過ぎたときに痛風は起こります。
女性より男性の方がもともとの尿酸値が高いため、男性が痛風になりやすいとされています。

 

一方で女性は女性ホルモンの分泌により、高尿酸値になることがほとんどありません。そのため、女性で痛風になるのは非常に珍しいとされています。
一般的に痛風は男性の病気で女性には起こらないと認識されていますが、それは誤解です。

 

女性の場合、閉経後にホルモン分泌が減ることによって尿酸値が高くなることがあります。
現在、痛風は生活習慣病のひとつと考えられていて、男女問わずに注意が必要です。
もしも、足の親指や関節に激しい痛みが発作的に起きた場合、痛風の可能性も疑ってください。
女性は更年期になるとホルモンバランスの変化で他の病気を起こしやすくもなりますから、更年期をむかえるにあたり、今一度健康の見直しをおすすめします。

 

そして、男女問わずに、プリン体の多い食品や飲みのを摂り過ぎると、尿酸値が高くなり、痛風を起こしてしまいます。
有名なのがビールです。最近ではプリン体オフなどのお酒も出ていますが、これも尿酸値の上昇対策です。
普段から食生活など生活習慣には気を付けるようにし、もし激しい痛みが出たときには早めに病院で診てもらいましょう。
悪化すると内臓などに影響を与えて、健康被害が増大してしまいます。