痛風に効く!?|梅干しのクエン酸

痛風に効く!?|梅干しのクエン酸

痛風

クエン酸といえば、疲労回復効果が有名です。疲労物質の乳酸を取り除くことで、疲れを素早く回復できます。
梅干しやレモンなど、酸っぱいものに含まれる成分です。

 

クエン酸は疲労回復にとどまらず、痛風に対しても良い働きが期待できます。
そもそも痛風が起こるのは、尿酸値が高いからです。尿が酸性に傾いている状態で、まだ痛風でない方も予備軍に当てはまります。
酸性の状態をアルカリ性に傾かせることが、痛風対策及び改善につながります。

 

クエン酸はアルカリ性の成分です。”酸”と付くことから、酸性と思われがちですが、実際はアルカリ性であるため、尿酸値の低下に有効とされています。
クエン酸を摂取すると酸性に傾いた尿も中和されてアルカリ性へと傾き、さらに尿酸が体外に排出されやすくなります。その結果として尿酸値は低下します。

 

クエン酸を含む食材を普段の食生活に取り入れるのも良いですし、クエン酸自体がドラッグストアなどで販売しているので、クエン酸ドリンクを手作りする方法もあります。